羽毛布団

羽毛布団

羽毛布団は、軽くて暖かく羽毛の温度調節機能により、オールシーズン使用できます。品質が良い羽毛ほど、軽さや暖かさに優れています。軽いことで体に負担がからず、寝返りが少なくなり、快眠へつながります。

羽毛布団は一枚で冬でも抜群の暖かさがあります。

duvet_main

羽毛布団の特長

  • 羽毛布団は、詰め物に「ダウン」を50%以上使用した布団です。羽毛布団に使われる羽毛には、水鳥の種類によってグース(ガチョウ)とダック(アヒル)があります。
  • 羽毛は空気を多量に含んでいるので、ボリュームを感じるものでも軽く、保湿力にも優れています
  • 体にフィットするドレープ性に優れていることから、寝返りを打っても寝床内の暖かい空気を逃さず、冷気の侵入も防ぎます
  • 透湿性に優れているため、他の布団ほど睡眠中の発汗に寄る蒸れも感じられず、爽やかな肌触りを保ちます。ただし側生地の素材によって多少異なります。
  • 弾力性に富み、回復率も高いことからヘタリがありません。収納の際に小さく圧縮しても、布団をほぐしながら空気を含ませれば元の状態に復元できます。

Q

羽毛布団は日干ししてはだめ?

A

羽毛は吸湿性・発散性に優れているため、他の布団のように頻繁に干す必要はありません。しかし保温性を高め、日光消毒のため月に1~2回、表と裏合わせて1~2時間程度の日干しをおすすめいたします。日干しをすることにより、本来のふとんの機能が長持ちします。

Q

羽毛布団は叩いていいの?

A

布団叩きは表面のホコリを落とす程度にしましょう。強く叩いてしまうと、布団の中の詰め物や側地を傷める原因になります。強く叩く代わりに両面に掃除機を軽くかけましょう。

Q

羽毛布団と羽根布団はなにが違うの?

A

「羽毛布団」とは、詰め物にダウンを50%以上使用したものです。50%未満のものを「羽根布団」として区別されています。寒いといは広がって空気を多く含み、暑いときには縮まって空気の流れを良くします。汗などの湿気を吸い取って外へ拡散してくれる特性があるため、ダウンを多く使用した羽毛布団は温度だけではなく湿度も調節してくれます。