ベッドパッド・ボックスシーツ

ベッドパッド・ボックスシーツ

ベッドはフレームとマットレスの他に必要になってくるのがベッドパッドとボックスシーツの2点です。

ベッドパッドはマットレスの上に敷いて使用します。

キルティングされた薄い敷物です。

ボックスシーツはマットレスとベッドパッドを覆うボックス型のシーツです。

sheet-pad_main

ベッドパッド

ベッドパッドはマットレスの上に一番最初に敷くものです。マットレスは基本的に洗濯をすることができないため、睡眠中の汗や汚れを防ぐために必要なものです。

またベッドの厚みを調整して寝心地を良くする役割をも持っています。ベッドパッドには様々な素材のものがあり、素材によって値段や特徴が大きく異なります。ベッドパッドの素材としては「綿(コットン)」「羊毛(ウール)」などがあります。「綿」は肌触りがよく、吸湿性に優れています。

「羊毛」は吸湿性・発散性ともに優れており、カビが発生しにくいのが特徴です。汗をよくかく方や忙しくてなかなか洗濯ができない方におすすめです。

ボックスシーツ

ベッドパッドを敷いたら、マットレスとベッドパッドの上からボックスシーツを覆うように掛けます。

ボックスシーツには、マットレスの厚さに対応できるように大きなマチがついています。まわりにゴムを通しているので、簡単に取り外しが可能です。


Q

ベッドパッドやボックスシーツを敷かずに寝てはだめですか?

A

ベッドパッドやボックスシーツを敷かずに寝るのはおすすめしません。人は寝ている間に、コップ1~3杯の汗をかくといわれています。もしマットレスの上に直に寝るとマットレスが直接汗を吸ってしまい、湿気がこもり、ダニやカビが発生してしまうので衛生上良くありません。また、マットレスの寿命を短くしてしまう原因にもなります。マットレスを保護するために、きちんとベッドパッドとボックスシーツを使用しましょう。