コーディネート(ダイニング)

コーディネート(ダイニング)

お部屋のレイアウトや色のイメージは、人の心理に深く影響してくるものです。自分のお家、お部屋にあったテイストの家具やレイアウト・カラーについてご紹介いたします。

家具を揃えたり、レイアウトをしたりするのは大変ですが、とてもわくわくしますよね。理想のお部屋を実現するために、少しでもお役に立てると幸いです。

dining_coordinate_top


幅の広いカラーコーディネートが可能です。

居心地のよい空間を作る決め手になるのがカラーコディネートです。フローリングの色を基準にコーディネートする「まとまり」と「きわだち」から、楽しさの広がるミックスコーディネートまで、幅広いイメージ作りが可能です。

まとまり

床と家具の色を
合わせるコーディネートで
まとまりのある
落ち着いた雰囲気に

matomari

ダイニングの場合は木部色、ソファーの場合は張地色の面積が大きくなります。

きわだち

床と家具の色に
差をつけたコーディネートで
アクセントを付けて、
メリハリの有る雰囲気に

kiwadachi

張地の色のみでメリハリを出すと、落ち着きが出ます。ソファーの張地は「きわだち」を上手に使うと効果的です。

ミックス

床や木部色・張地などに
いくつかの色を
お好みで組み合わせ、
重ね着間隔で
インテリアを楽しむ

mix

無彩色をうまく使うと、木質カラーだけの組み合わせからイメージが更に広がります。


インテリアコーディネート例

dining_coordinate_top

《主な使用カラー》

薄いオレンジ明るいオレンジ明るいピンク

壁面の色はシンプルに白を使用しています。床や食卓テーブル、食卓椅子の背もたれ・脚部分、TVボードなどを同じナチュラル色で統一しています。そして椅子の座面の布の張り地の薄いピンク色が優しいイメージを連想させてくれます。テーブルの上には薄いピンクのランチョンマットを置き、赤系のお花がアクセントになっています。

dining_coordinate_02

《主な使用カラー》

薄いオレンジ明るいオレンジ薄い水色黄緑

壁は白、床と食卓テーブル・椅子の木部部分を同色系の色で統一しています。椅子の張り地を薄いブルーにすることで爽やかで落ち着いた雰囲気を作っています。

ベンチタイプ・ソファタイプのダイニング椅子なので、ゆったりとくつろぐことができます。テーブルにお料理を並べるとお子様から大人の方まで、楽しめる空間が広がっていますね。

dining_coordinate_03

《主な使用カラー》

肌色ライトブラウンピンク黄緑

壁は落ち着いたアイボリー色。床、食卓テーブル・椅子などはナチュラルな木の色で統一しています。白のカーテンが清潔感と爽やかな印象を与えています。壁面に薄めのトーンの絵を飾ったり、お部屋に観葉植物を置く事で、素敵なインテリアになります。テーブルは半円のおしゃれな形です。全体的に木のぬくもりあふれる心地良い空間なので、美味しい食事が楽しめそうですね。

dining_coordinate_04

《主な使用カラー》

スノウダークブラウンダークグリーン

床の色は薄めのアイボリー色。壁や食卓テーブル・椅子の木製部分はブラウン色で統一しています。椅子の座面は濃いめのダークブラウン色でお部屋全体がバランスのとれた配色になっています。濃いめの色は重たくなりがちですが、床の色が明るいので、緩和させてくれています。壁にはアートが飾られており、全体的に高級感があります。ダークトーンでまとめられたダイニングは、大人の雰囲気がとっても魅力的ですね。


カラーコーディネートのポイント

お部屋の色数を決める!

 

1ベースカラー

基本的な大きな面積を占める床・壁・天井の色のことで、毎日見ても飽きの来ない色がほとんどです。白やアイボリー色など。

(お部屋面積の約70%の割合を占める色)

2メインカラー

インテリアの主役となる家具・カーテン・カーペットの色のことです。

濃い色・薄い色という選択でお部屋の印象が大きく変わります。

(お部屋面積の約25%の割合を占める色)

3アクセントカラー

照明・クッション・壁面アートなど小さめの小物や家具の色のことです。

アクセントとして面積の小さいものに自分の好きな色や柄の入った色を取り入れて気分を変えましょう。

(お部屋面積の約5%の割合を占める色)

基本的に色数を4~5色に抑えるとまとまりのあるお部屋になります。


インテリアレイアウト(基本サイズ)例

1~2人用

1~2人用のテーブルですと、幅75cm以上のものが多いです。鍋をしたり、広くゆったりとお食事をされたい方には幅80cm~100cmのものがおすすめです。

dining_layout_01
3~4人用(長方形テーブル/円形テーブル)

3~4人用のテーブルは、幅120cm以上は必要になってきます。

 

 

dining_layout_02
6人用A

5~6人用のテーブルですと、幅180cm以上がおすすめです。

 

 

dining_layout_03
6人用B

タイプの異なる6人用のサイズ例です。ちなみに、7~8人用のテーブルですと、幅220cm
以上がおすすめです。

 

dining_layout_04

コーディネートQ&A

Q

カラーコーディネート(色彩)を考えずに、家具を置くとどうなるの?

A

自分の好きな色だけで家具を選んでしまうと、ごちゃごちゃして、統一感のないお部屋になってしまいます。

素敵なお部屋を実現するためには、カラーコーディネートが必要になってきます。

Q

ダイニングにはおすすめのカラーはありますか?

A

このカラーという決まったルールはありませんが、まずは自分の好きな色を選ぶのが一番だと思います。

ダイニングに取り入れると食欲がアップするカラーとしては暖色の「オレンジ」があげられます。

「白」や「アイボリー」などは、どんな色とも相性が良いので、壁や床・天井などに用いられることが多いです。