食卓セット

食卓セット

食卓テーブルや椅子はサイズからデザインまで多種多様にございます。

ご家庭のライフスタイルに合ったサイズ・仕様のものをご紹介いたします。楽しい食事を実現するために、素敵なテーブルと椅子を揃えたいですね。

食卓セットは、テーブルと椅子に分けて説明をさせていただきたいと思います。

dining_tableset_image


北上店スタッフ
吉田 雅子

食卓のテーブルや椅子について
それぞれの種類や特徴を
ご紹介致します。

吉田雅子


テーブルの大きさのポイント

ゆったりと食事をするために必要なテーブルの大きさを考えてみましょう。

一人が必要とする食事のスペースは、おおよそ60cm、奥行40cmと言われています。これに家族の人数をかければテーブルの大きさを算出できます。ただ、料理内容によって必要な大きさが異なったり、食事以外の目的にも使用したりするため、スペースが許せば大きめを選びましょう。

長方形テーブルのサイズ目安

2人用……幅80~100cm×奥行80~100cm

4人用……幅120~140cm×奥行80~100cm

6人用……幅180~200cm×奥行80~100cm

dining_tablesize_indication

ポイント

お客様が多いご家庭の場合は、簡単な操作で広げたり縮めたりすることができる「伸長式テーブル」もおすすめです。

普段は小さなサイズにしておけば、お部屋を広く使うことができます。

dining_table_rectangle_size_03

長方形テーブルのサイズ目安

長方形

使いやすい一般的な形です。壁付けしても使用出来ます。

 

dining_table_rectangle
正方形

主に2人用向けです。一人暮らしの方にもおすすめです。

 

dining_table_square
角丸形

一般的な形でやさしい印象を持っています。角が丸いので、お子様のいるご家庭にもおすすめです。

 

dining_table_legs2
丸形

正方形に近い部屋に向いた形です。座る人数を限定せず、みんながお互いの顔を見ることができます。

 

dining_table_round

テーブル脚の種類

ダイニングテーブルは、脚の形によっても使い勝手が変わります。スペースに関わるポイントです。


4本脚

4隅に脚があるため安定感があります。短い辺にも椅子を入れられますが、椅子を大きく引いて出入りする必要があります。

 

 

 

 

 

dining_table_legs4
2本脚

4 隅スペースに余裕があるため出入りが楽なテーブルです。椅子を大きく引く必要がないので、スペースが限られた部屋にもおすすめです。部屋のコーナーに置いたり、重い椅子を使う時も有効です。ただ、短い辺は、足がテーブルの脚にぶつかって座りにくい場合もあります。

 

dining_table_legs2
1本脚

天板円形タイプに多く、椅子を自由に配置することができます。

 

dining_table_legs1
箱脚

重量感があります。脚部に収納機能があるテーブルもあります。

 

dining_table_hakoashi

テーブル天板の種類

テーブルの天板には、様々な材が使われています。使い方によって選ぶとよいでしょう。


無垢天板
dining_solid_top_plate

1本の木から挽き割られた材で重厚感があります。集成材という小木材をつなぎ合わせて一枚の板にしたものが主流です。巾ハギ材は、板材を縦方向に挽き割って幅方向に接着した材で、集成材は木材を縦方向にジョイントした材を幅方向に並べて接着しています。

本物の無垢材は使い込むほどに味がでてきます。また修理も可能です。


突板天板

1合板やパーティクルボードなどの台板の表面に、木材の薄板(突板)を貼った天板です。天然木の美しさが生されていますが、突板の厚みは1mmにも満たないほど大変薄く、傷には注意が必要です。

天然木の風合いが生かされていて、美しい木目が楽しめます。


メラミン天板
 

熱・水・傷に強くお手入れもラクな天板です。小さなお子様のいるご家庭にもおすすめです。

とにかく手入れがラクなのがいい!という方におすすめです。


食卓椅子の種類

肘無し・肘付き椅子

肘無しはデザインのすっきりとしたタイプの椅子です。
肘付きは肘無しタイプよりも多く幅をとります。

 

dining_chair_armrest
回転式椅子

椅子を動かさずに立ち座りができる回転式チェア。出し入れにもスペースを取りません。

 

 

 

dining_chair_rotary
キャスター付椅子

椅子の出し入れが楽なキャスター付チェア。LDチェアに多く見られます。

 

 

dining_chair_caster
軽量椅子

片手で軽く出し入れができる軽量チェア。掃除の時も楽に持て、お子様やお年寄りにもやさしいチェアです。

 

dining_chair_lightweight
カバーリングタイプの椅子

簡単に脱着できるカバー式チェア。汚れてもカバーがクリーニングできるため、いつも清潔に使用できます。お子様のいるご家庭にもおすすめです。

 

dining_chair_cover
リビング・ダイニング兼用椅子

座高40cm前後。低めで、ゆったりくつろげるリビング・ダイニング兼用チェア。

 

dining_and_livingsofa
ベンチタイプ

並んで座ることができ、座る人の調整ができるベンチ。小さいお子様がいるご家庭や、来客の多いご家庭におすすめです。

 

dining_tableset_bench

背もたれの高さの種類

背もたれの高さも、大きく分けて3種類あります。選ぶ時には、部屋の広さも考慮しましょう。


ローバック
dining_chair_lowback

圧迫感がないので部屋が広く感じられます。もたれがじゃまにならないため、配膳などがスムーズに行えます。

 

セミハイバック
dining_chair_semihighback

ハイバックとローバックの中間の高さで、広い用途に使えます。

 

 

ハイバック
dining_highback

広い部屋で使えば豪華さが味わえます。背中全体でしっかりもたれられるので、ゆったり食事を味わったり、くつろいだりできます。


張り地の種類

同じデザインのソファも、張り地の素材が変わるだけで違う表情になります。

それぞれ素材の持ち味を知り、お好みに合わせてお選びください。


本革張り
dining_genuineleather

革は使うほどに、味わい深くなる天然素材です。きめ細やかでしっとりとした風合いを持ち、使えば使うほど重厚感を増していくのも本革ならではの魅力です。熱や摩擦に強く、伸縮性、吸放湿性、耐久性にも優れています。その反面、天然素材であるがゆえに、伸びや焼け、染めの色合いやシボのばらつきも見られます。


合成皮革張り
dining_syntheticleather

革の風合いを持ちながら、豊富なカラーバリエーションとお手入れのしやすさも兼ね備えています。耐久性にも優れています。


布張り
dining_cloth

カラー、柄、布目などのバリエーションが豊富で、コーディネートの幅が広がります。空気抜けが良く、やわらかな座り心地が魅力です。


Q

食卓テーブルや椅子など、フローリングの床に傷がつかないか心配です…。

A

椅子やテーブルの下に、ダイニングラグを敷くことをおすすめします。

また、椅子の脚につける傷防止のシールのサービスもしております。

Q

食卓椅子選びで重要なことは?

A

掛け心地と軽さです。食事の後もダイニングでくつろぐことを考え、実際に座ってみて自分にフィットするかどうかを確かめることも重要です。お店やショールームで試すときは、家と同じように靴を脱いで座り心地を確かめましょう。頻繁に出し入れする椅子なので、軽さも重要です。実際に椅子を出し入れして確認してみましょう。

Q

このまま納品されるんでしょうか?

A

当社配送員が組み立てをして納品させて頂きます。テーブルは下に布団を敷いて、脚を取付けます。

椅子は床の状態を確認した上で、床の保護の為にフェルトを貼って納品いたします。

Q

食卓椅子を選ぶ際、おすすめはありますか?

A

ベンチタイプの食卓椅子がおすすめです。食事の場としてだけでなく、家族の団らんや学習の場、集いやくつろぎの場など、様々なシーンにもぴったりです! 特にお子様のいるご家庭では、子供と並んで座って食事の世話をしたり、勉強を見たり、お友達が遊びに来たときも詰めて座れたりと便利です。また、椅子2脚+ベンチにするとスッキリとして目線が広がります。

Q

リビング・ダイニング兼用タイプ食卓セットの特徴は?

A

リビンク・ダイニング兼用チェアは、座高40cm前後で座面が広めの椅子が特徴です。スペースを有効に活用でき、食後もゆったりくつろげるため、マンションライフにもおすすめです。テーブルの高さは約62cmくらいがおすすめです。

Q

テーブルと椅子の高さの関係について教えてください。

A

食卓椅子の高さは、低いと両腕が下がり、高いと肩が常に上がり、いずれも肩や腕が疲れやすくなります。食事に最適な高さは、椅子の座高との差が27cm~30cm程度と言われています。椅子に座って軽く脇をしめ、テーブルに手を下ろしたとき、肘が90度位になる高さが最適です。また、テーブルに幕板や引出しなどがある場合は、実際に座ってみて足とのすき間が確保できるかどうかを確認しましょう。

Q

テーブルにキズがついたり、汚れたりしないか心配です。いい方法ありますか?

A

熱や水・キズなどに強く、お手入れのしやすいメラミン天板のものもございます。

また、テーブル天板の上に「PSマット」を敷くことをおすすめいたします。家具本来の美しさを損なうことなく、汚れやキズから守ってくれます。「PSマット」は、テーブル天板のサイズや形状に応じてオーダーが可能です。マットの厚さは、通常の2mmタイプ・高級感のある3mmタイプからお選びいただけます。

詳しい内容に関しましては、店頭スタッフにてお問い合わせいただければと思います。

Q

キャスター付回転椅子で注意した方がいいことは?

A

椅子に「支え」としてに掴まったりすることはないでしょうか? キャスター付の椅子は動きますし、回転もするタイプは特に注意が必要です。うっかり掴まってしまい、体重を椅子にかけ、転んでしまったというケースがあるようです。特にご年配の方がご使用の際には気をつけるようにしましょう。

Q

テーブルと椅子はセットで展示されていますが、椅子またはテーブルだけの購入はできますか?

A

椅子またはテーブルだけの単品販売可能です。

ですが商品によっては、テーブルと椅子とセットでの販売のものもありますので、店頭スタッフまで事前にご確認をお願いいたします。

吉田雅子

北上店スタッフ

yoshida masako

吉田 雅子

まだまだ勉強中ですが、お客様のお役に立てるように頑張ります。