リビングテーブル

リビングテーブル

リビングテーブルはソファとセットで使用されます。

ソファに座って、本や雑誌を読んだりお茶を飲んで会話を楽しむのに最適です。

リビングテーブルには様々な天板形状や材質・デザインのものがあります。

リビングの中央に置かれるため、空間の雰囲気・インテリアとしても重要になってくるアイテムです。

table-living


リビングテーブルの主な種類

シンプルタイプ

シンプルですっきりとしたデザインのテーブル。

 

 

table-simple
棚・引出し付きタイプ

テーブル下に棚がや引出しが付いていて、本や雑誌などを収納することができます。

table-shelf-drawer
三角デザインタイプ

視覚や動線を遮らない滑らかな三角デザインは出入りもしやすく、空間にゆとりが生まれます。ソファとの組み合わせもデザイン性が高まります。他にも様々な形状のデザインのものがあります。

table-triangle
ガラステーブルタイプ

ガラステーブルはお部屋をおしゃれにみせてくれるので、インテリアにも最適です。

 

 

 

table-glass

Q

どのくらいの高さのテーブルを選べばいいの?

A

ソファの内側に収まるサイズがおすすめです。

高さ40cmくらいですとソファに座ったときも、下に座ったときも使いやすい高さです。

Q

素材はどんなものがありますか?

A

木製・ガラス製・スチール製などがあります。その中でも木製品は本物の木(無垢材)と木を薄くスライスし、合板などに貼る突板張りがあります。無垢材は質感も良く耐久性に優れていますが、お値段が少し高めで、やや重いです。突板張りはお値段は安価なものが多いが質感は無垢材に劣ります。

Q

色などは、他の家具と合わせたほうがいいですか?

A

基本的には周りの家具に合わせた方が無難です。しかし、リビングテーブルはお部屋のアクセントになる商品なので、色を全く逆にしてもリビングテーブルもしくは周りの家具が引き立つこともあるので慎重にお選びすることをお薦めいたします。

Q

リビングテーブルを使うとき、注意したほうがいいことは?

A

天板の上に熱い物や底のザラついた物を直接置くと、塗装面の変色やキズの原因になります。また、ビニールやガラスを長時間、直にのせておくのも塗膜や木部によくありません。