TVボード

TVボード

テレビを置くためのボードは、テレビの大きさによって異なりますが、サイズやデザイン・仕様・材質など種類が様々です。

設置する場所や収納量、使い方に合わせて選びましょう。

TVボードの種類

ハイボードタイプ

リビングで使うものが、たっぷり収納できます。

tvboard-high
ローボードタイプ

圧迫感がないので、お部屋を広く見せたい方におすすめです。

 

 

tvboard-low
組み合わせタイプ

収納するものやスペースに合わせて、組み合わせることができます。

tvboard-combination
コーナータイプ

お部屋のデッドスペースを、有効に活用できます。

tvboard-corner

Q

TVボードを選ぶ際に重要なことはなんですか?

A

テレビサイズとのバランスが重要です。テレビの幅と同じ幅があるボードであれば機能的には問題ないのですが、テレビの幅サイズよりも余裕のある大きさのボードを選ぶと安定感が増し、バランスよく見えます。

Q

TVボードの扉の開き方には、どんなものがあるの?

A

大きく分けて3タイプあります。
①開き戸…扉の面積が小さいので、必要な扉だけを楽に開閉できます。
②フラップ扉…扉の面積が大きいので、1回の開閉ですべての収納物に手が届きます。
③引き戸…扉の開閉スペースが必要ないので、ボード前のスペースが有効活用できます。

Q

収納スペースが少なく、リビングがごちゃごちゃしていて困っています。いい方法ありますか?

A

収納力抜群の、組み合わせタイプのTVボードをおすすめします。

人気のローTVボードは圧迫間がなく、お部屋を広くみせてくれる半面、収納力に劣るという欠点があります。収納するスペースがなく、他の部屋から毎日モノの出し入れをしなければいけないことにストレスを感じている方が90%を超えるというアンケート結果もあります。家族みんなが使うモノが収納されているところに自然と集まります。